産業医科大学 医学部 第2外科 産業医科大学
お問い合せ サイトマップ

トップページへ
医局紹介
ご挨拶
沿 革
スタッフ紹介
外 来
診療部門
研究実績
学会報告
入局希望者
治験・臨床試験・研究について
リンク
第2外科からのお知らせ
トップページ医局紹介
医局紹介
ご挨拶

教授写真「自分や自分の家族が病気になったときに受けたい医療を」

平成22年(2010年)12月1日より産業医科大学第2外科の第四代教授に就任いたしました。現在当科は、主に呼吸器(肺、胸膜や縦隔等)と乳腺を専門とする外科ですが、私は1986年(昭和61年)京都大学を卒業後一貫して呼吸器外科の専門医として経験を積んできました。特に、京都大学では遺伝子解析を含む最新技術を駆使した肺がんの治療を、2005年から5年間勤務しました兵庫医科大学では多数の胸膜中皮腫の患者さんの診断と治療、にあたってきました。関西生まれの関西育ちで九州は初めての勤務地ですが、北九州地区の医療に貢献すべく全力を尽くす覚悟ですのでよろしくお願いします。

さて、当科の基本方針は“自分や自分の家族が病気になったときに受けたい医療を”、です。現在の医療は、臨床試験で科学的に証明された最良の医学的事実(エビデンス)、に基づいて行われることが原則です(エビデンスに基づいた医療:Evidence-based medicine/EBM)。もちろんエビデンスは大事ですが、これと並んであるいはもっと大事なことは患者さんや家族の方の“思い”だと私たちは考えています。つまり、患者さんや家族の希望を最大限に実現できるように最新の医療を駆使して治療にあたる、というのが当科の基本方針です。

具体的にいいますと、我々が扱っている病気は呼吸器と乳腺の広い範囲にわたる病気です。この中には、悪性腫瘍(いわゆる“がん”で、肺がん・胸膜中皮腫・悪性縦隔腫瘍や乳がん等を含みます)の他にも、炎症性疾患(膿胸等)・外傷(肋骨骨折)や気胸等、が含まれます。特に、我が国のがん死亡原因の第一位である肺がん、アスベスト暴露で最近注目されつつある胸膜中皮腫、女性のがん罹患率の第一位である乳がん、には特に力を入れており、“早期”がんの患者さんにはより負担の少ない治療で治癒を、“進行”がんの患者さんには患者さん個々に一番適した治療でより“良くかつ長く”生きることを、目指しています。これらの病気の治療のことで悩んでおられる患者さんや家族の方、どうぞ気軽に相談にお越しください。

沿革

教室の沿革  
■1978年〜1990年

産業医科大学医学部第2外科学教室は、1978年4月、初代教授である吉松 博教授(慶応大学卒)、1979年より石倉義弥助教授、村上勝講師、川原英之講師によって開設されました。当時は入院もフル回転できず、入院もなるべく控えるような有様でした。しかし、同年8月に肺切除、また10月には腹部大動脈瘤、12月には乳腺疾患、翌年の1月には食道がんの手術が施行されました。当初より、胸部外科すなわち呼吸器、循環器、食道疾患が対象疾患でありました。

■1990年〜1993年

1990年には第2代、白日高歩教授(九州大学卒)は福岡大学助教授から就任し、移植治療を将来に見据えた臨床研究を開始しました。その後、3年後に、白日教授は福岡大学第2外科学講座の教授に就任されました。

■1994年〜2010年


1994年には第3代、安元公正教授(九州大学卒)は九州大学助教授、松山赤十字病院呼吸器センター長、北九州市立医療センター呼吸器外科部長を経て就任されました。腫瘍免疫を中心とした臨床研究を発展させ、日本がん免疫学会、癌免疫外科研究会、日本バイオセラピィ学会、日本肺癌学会、日本呼吸器外科学会、日本胸腺研究会等の会長として主宰し、医学の発展に尽力されました。また大学院重点化及び研究院制度の導入により、2005年度から病院における診療科の名称が『呼吸器・胸部外科』となりました。

■2010年〜


2010年12月からは第4代、田中文啓教授(京都大学卒)が兵庫医科大学より就任し、新たな第2外科が歩き始めています。診療実績の拡充はもちろん、研究の領域でも患者さんにその研究成果を還元するべく、分子生物学的あるいは免疫学的手法を駆使して診断、治療の解析を進めています。また、地域の診療の発展と次代を担う若い世代の教育、指導にも熱意をもって取り組んでいます。
文責:医学部 第2外科, 更新日:2013年07月19日
トップページ医局紹介 | スタッフ紹介外 来診療部門研究実績学会報告入局希望者治験・臨床試験・研究について
|リンクお問い合せサイトマップ
このページのトップへ
Copyright@2011 産業医科大学医学部 第2外科